上手なみかんの保存方法

みかんは、子どもからお年寄りの方まで幅広い年齢層の方に好まれているフルーツです。手で皮を剥くことができるという食べやすさも人気の理由のひとつになります。 そんなみかんは、旬の時期になると箱売りされているものが安いと人気です。3kgや5kgのみかんを箱買いした際、何個か腐らせてしまったという経験はありませんか?こちらでは、上手なみかんの保存方法についてご紹介します。

傷んだみかんに注意

昔から、箱のなかに1つでも傷んだみかんがあると、その周囲にあるみかんも傷んでしまうといわれています。この話は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 みかんは、収穫後にもエチレンガスという成長ホルモンが出ています。特に、熟したみかんからは、このエチレンガスが大量に出ているのです。そのため、傷んだみかんがあると周りのみかんも傷みやすくなってしまうというわけです。

傷みにくくする保管方法

【その1】

みかんを箱買いしたら、全部のみかんを箱から出して傷んでいるみかんがないかを調べます。傷んだみかんや十分に熟しているみかんは、箱から出して早めに食べてしまうのがおすすめです。

【その2】

ダンボールの下に新聞紙を敷きます。そして、少しでも下のみかんにかかる重量の負担を減らすために、固めのへた側を下にして並べていきましょう。

【その3】

2段、3段と並べたら、また新聞紙を被せて箱を開けたまま保管します。箱を開けて、風通しを良くしておくことがポイントです。

【その4】

みかんを食べる際には、できるだけ下から取るようにすることをおすすめします。1日ごとに、まとめて食べる分を取っておくと良いでしょう。

持ち運びが大変なみかんの箱買いには、通販を利用することをおすすめします。おいしいみかんの通販サイトでしたら、ぜひ当店をご利用ください。当店は、産地直送で和歌山県有田産のみかんをお届けしております。5,000円以上のお買い上げで送料無料となりますので、ご家族の分、お友達の分とまとめ買いしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ